ホーム > am 9. Jan. Today’s Akiko / 美しく豊かな響きで

am 9. Jan. Today’s Akiko / 美しく豊かな響きで


I played today in the Masterclass Brahms Violin Sonate No.1. So much love this piece!!

Die Koenigin von der Musik ist sicher die Geige!Ich spielte an der Masterklasse von Prof. Tatsuya Yabe.

今日は勤務先の上野学園大学で、矢部達哉先生の特別公開講座があり、伴奏をしてきました。「美しく豊かな音で」と題された今日のこの講座では、先生のクラスの生徒さんであり、私の副科ピアノの生徒さんでもあるSさんの、みっちり90分の公開レッスンという感じで、曲目はブラームス「雨の歌」1楽章、メンデルスゾーンコンチェルト1楽章。言わずとしれた超名曲です。副科の指導の合間にSさんともリハーサルをし、今日に臨みましたが、ここ数日改めてヴァイオリンという楽器の底知れぬ魅力に虜になっています。大作曲家の名曲、ということもあるのですが、改めて曲を学ぶ課程で、CDやネットで聴く名ヴァイオリニストの「音」に釘付け、、、魂を持って行かれるような気になります。ピアノはもちろん、どの楽器もそれぞれ素敵ですが、やはりヴァイオリンの魅力はちょっと桁違い、、、と感じています。

講座では、素晴らしいホールの石橋メモリアルの響きに助けられ、Sさんも美音を響かせ、普段の何倍も大きな存在でした。そして矢部先生も弾いてくださったのですが、もうこれは神様が降りてきたとしか思えない音。こんな名曲をまた演奏できる幸せをかみしめつつ、「名曲」だからこそ細部まで詰めた演奏でないといけないことも痛感しました。ヴァイオリン万歳!