ホーム > am 10. Maerz Today’s Akiko / 長崎アウトリーチコンサート

am 10. Maerz Today’s Akiko / 長崎アウトリーチコンサート


Outreach-concert in Nagasaki, meine lieblingsstadt. Wunderschoene Landschaft, interessante Geschichte ( die Oper Madame Butterfly) und die nette Manschen.

先週末はアウトリーチコンサートで長崎に行ってきました。同級生であり、現在は日本トロンボーン協会の幹事も務める加藤直明くんの伴奏で同行し、ピアノ・ソロではショパンの英雄ポロネーズを弾くという、なかなかハード、でもやりがいのあるミッション。加藤くんはアウトリーチコンサートのプロ中のプロ。学校の子供たちの心を一瞬にしてつかむ話術と演奏技術の持ち主で、私もたくさんの刺激をもらいました!子供たちに聞かせる演奏はあくまでプロフェッショナル、でも心に分け入って行くにはそれだけでは足りなくて、こちらも全身で音楽を楽しみ、伝える気持ちがないと、かえって「クラシックってつまんない」という印象を抱かれてしまいます。また、管楽器、弦楽器、鍵盤楽器にはそれぞれ特性があり、自分が演奏する楽器はどんなことができるのか、どんな魅力があるかを掘り下げて考えていかなければならないのだなぁ、と改めて感じました。自ずと自分の活動の見直しもすることとなり、「子供たちに伝える」だけではない、アウトリーチの大切さを痛感し、有意義な経験となりました。加藤くん、文化振興課のみなさま、コーディネータの児玉さん、貴重な経験をありがとうございました。

 

写真は、久しぶりに訪れた遠藤周作記念館にてトロンボーンの加藤くんと。

改めて敬愛する作家の言葉に心を揺さぶられる時間でした。