ホーム > am 26. Mai Today’s Akiko / 貴重な時間

am 26. Mai Today’s Akiko / 貴重な時間


Geprobt mit dem Maennerchor unter dem Maestro Ken-ichiro Kobayashi. In der Probe zeigt er uns grosse Fantasie mit der klaren Vorstellung. Diese intensive Moment macht mich gluecklich.

 

6月23日(日)に、東西四大学OB合唱連盟演奏会があり、その中で私は早稲田大学OB「稲門グリークラブ」さんの伴奏を務めます。指揮者は、あのコバケン!小林研一郎先生とは何度かトークコンサートでご一緒させていただいていましたが、先生の棒でピアノを弾くのは初めての経験です。練習も佳境に入り、今日も熱のこもった指導をしてくださいました。曲は高田三郎「水のいのち」。男声合唱の定番中の定番だそうです。私は今回初めて取り組みますが、これが本当に名曲!!組曲になっていて、どれも情景がはっきりと目に浮かぶ素晴らしい曲です。とくに終曲「海よ」は壮大なドラマを感じ、詩も素晴らしく、心がふるえるような曲。普段、バッハやベートーヴェンなどの曲を弾くときは、その作曲家が生まれた言葉や歴史を尊重し、音楽の「語法」を守りヨーロッパ的な思考で演奏するように心がけていますが、この曲は、そういう背伸びをせず、日本に生まれたことを心から肯定し、のびのび演奏できる気がします。生きていることへ感謝がわくような曲で、小林先生は魂の賛歌ともいえるようなドラマを合唱からも私からもどんどん引き出してくださって、まさにマジック!本番がとてもとても楽しみです。http://www.ne.jp/asahi/waseglee/ob/2.pdf