ホーム > am 8.Juni Today’s Akiko / complete musician

am 8.Juni Today’s Akiko / complete musician


Das Buch hat mich so inspiriert!  ’’Un Portrait d’Henriette Puig-Roget’’.

Eine vollkommende Musikerin-als Pianistin, Organistin, Komponistin und Paedagogin.

 

明日は、楽しみにしているフルートの三上明子先生のリサイタル!今回も本番をご一緒させていただくので、先日リハーサルで先生のお宅にうかがいました。本棚で目にとまった「ある「完全な音楽家」の肖像―マダム・ピュイグ=ロジェが日本に遺したもの」という本。お借りして帰宅し、一気に既読。ロジェ先生のCDも拝借して、、、、まさに今「はまって」います。

本の詳細はこちら:http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=201370

演奏家、作曲家、教育家…そのすべてを最高の水準で体現した「完全な音楽家」。音楽家の職業が「作曲家」「演奏家」「指揮者」「教育者」、そしてさらにピアニストも「ソリスト」「伴奏者」「教育者」というようにどんどん細分化されていると言われていますが、そもそもは例えばJ.S.Bachがそうであったように、かつては作曲をし、教会でオルガンを演奏しながら、合唱を指導し、子供たちの音楽教育にも携わっていたのが、音楽家という職業でした。そして、バッハの時代まで遡らなくても、日本の音楽界に多大な貢献をしてくださったピュイグ・ロジェ女史は、まさにその「完全な音楽家」のお手本であった、と多くの先生方からうかがっていましたが、この本でさらに深く知ることができた気がします。三上先生は若い頃にロジェ先生と共に演奏会をたくさん行っていて、そこでのエピソードや、先生ご自身がロジェ先生から教えていただいたことなど、リハーサルの合間にたくさんお話してくださいました。三上先生とロジェ先生のアンサンブルのCDはまさに「対話」!世代も国も超えてこんなにも親密に音楽を通して語り合えるのか、という喜びを感じるとても素敵なCDです。

明日の三上先生のリサイタルでは、先生のフルートと一緒に自然な対話をしてみたい!と思っています。