ホーム > am 14. Feb. Today’s Akiko / 2つの講座

am 14. Feb. Today’s Akiko / 2つの講座


In der letzter Woche habe ich  die zwei interessante Vortraege teilgenommen. Die Musik zeigt mir immer wieder eine neue Welt!

2つの興味深い講座を聴講してきました。ひとつは藝大で行われた日本ソルフェージュ研究協議会主催の「指揮者のソルフェージュ」、もう一つは東京音大で開催されたパーヴォ・ヤルヴィ(N響首席指揮者)による指揮者のマスタークラスです。どちらも指揮とは何か、ということをじっくり考えさせられる講座でした。音楽家の中でも唯一音を出さないのが「指揮者」。留学中に、シュトゥットガルト音大の指揮科で伴奏をしたことをきっかけに指揮に興味を持ち始め、勤務している藝大の指揮科のレッスンでは毎回気付かされることがたくさんあります。

私自身は大勢の音楽家の前で実際に指揮をするという度胸もキモも持ち合わせてはいないのですが、すべての演奏者は指揮者の要素を持つべきだと痛感しています。まずは表現したい音楽を明確に頭に描くことができ、自分の歌(声)で表現できること。自分の練習でも生徒へのレッスンでも応用ができそうです!そしてヤルヴィ先生のおっしゃった、「指揮台の上ではich bin die Musikと集中することが一番」ということも本番への心構えとしてしっかり胸に刻みました。とはいえ、そこまで言い切るための日々の音楽への没頭が不可欠だと思い、これからの長い道のりを遠く見つめる気持ちとなりました。2つの講座、聴講できてよかった!ヤルヴィ先生のマスタークラスはEテレで放映予定だそうです。